お口を使った遊びをしてみましょう

「口が開いていることが多い」「発音が不明瞭」など、お口のことで気になることはありませんか?
 風車や笛などの吹く遊びは、唇を閉じたり息を吹く調整力を高め、息を強く出したり長く出したりすることで、話すことや飲み込みにも効果があります。また、にらめっこなど口のストレッチができる遊びは、唇や舌の動きが滑らかになり、食べこぼしの防止につながります。口を使った遊びに取り組んでみましょう。(すこやか生活課)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく