わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

お知らせ

2019年11月11日 マタニティカフェ(11/19)のお知らせ

妊娠中の生活で疑問や不安なことはありませんか?
マタニティカフェでは、妊婦さん同士で楽しく話しながら、助産師などの専門職による講話を聞いたり、質問したりできます。
今回は助産師が産後の生活についての講話と育児体験をします。

日時:11月19日(火) 9時30分~11時30分まで(受付:9時30分~10時まで)
場所:守山市立図書館 活動室 
(今回はすこやかセンターではありません。ご注意ください。)
持ち物:母子健康手帳


2019年11月11日 ことばの相談(11/15)のお知らせ

お子さんの言葉や関わり方についてお悩みのことはありませんか?
ことばの相談では、おもちゃや絵本を使ってお子さんと遊びながら、保育士や保健師等が相談をお受けします。
事前予約等は必要ありませんので、心配なことや気になることがあれば、お気軽にご参加ください。

日時:11月15日(金) 9時30分~10時30分(受付)
場所:すこやかセンター 1階 集団健診室
持ち物:母子健康手帳

2019年11月1日 【3歳6か月】ひとりでできるかな?

この頃は、自立したい気持ちと甘えたい気持ちで揺れています。「自分でやる!」と言ったことには、手や口は出さずに温かく見守ってあげましょう。できなかったとしても大人の「頑張ったね」の一言で安心します。もしかしたら、「やって!」と甘えてくるかもしれません。子どもなりに自立したいという思いを大切にして、「成長しているんだな。」という気持ちを受け止めて、程よい距離で見守りましょう。

2019年11月1日 【3歳5か月】いろいろ噛んでみましょう

この頃は、ほぼ全ての乳歯が生え揃うので、繊維質のものを噛みつぶす力がついてきます。繊維のある生野菜や弾力のあるものなど、今まで食べられなかったものを積極的に取り入れましょう。食材の固さや大きさによって噛み分ける、ということも出来るようになるので、色々な料理に触れるなど、食の体験を広げていきましょう。また、食べ物の味の違いを楽しめるようなってきますので、辛味や酸味のあるものも少しずつ挑戦しましょう。

2019年11月1日 【3歳4か月】早寝・早起き・朝ごはん

子どもが心身ともに健やかに成長していくためには、規則正しい生活リズムが欠かせません。しかし、最近この基本的な生活リズムが大きく乱れていると言われています。生活リズムを整えるためには、「早寝・早起き・朝ごはん」を意識して、大人が環境を整えることが重要です。子どもだけでなく、家族みんなで早寝・早起きを実践し、ごはんをしっかり食べて、元気に楽しく過ごしましょう。

2019年11月1日 【3歳3か月】お絵かきを楽しもう

手先の細かい動きが可能になり、丸や線を描いて、「○○かけた」と見立てるようになります。絵を描くことが純粋に楽しい時期なので、おもしろい絵をたくさん描いてみましょう。大きな紙や筆圧が弱くてもかけるペンなど、子どもが使いやすい道具を用意しましょう。「これは○○だね」「すてきだね」と共感し、表現することの楽しさや伝える喜びを体験していきましょう。描いた絵をお部屋に飾ってみましょう。

2019年11月1日 【3歳2か月】子どもの思いをしっかり聞きましょう

この頃になると、質問に対して自分の状態を言葉で伝えたり、経験と照らし合わせて考え、答えることができるようになってきます。やり取りの中で「自分で考える」という体験が大切です。自分で考えて答えをだすことが少し難しいようなら、「はい」「いいえ」で答えられるようにしたり、選択肢を示してみるのも良いでしょう。子どもが自分で考えた答えを「そうだね」と受け止めましょう。

2019年11月1日 【3歳1か月】絵本を通してことばや気持ちに触れてみよう

3歳は体も心も成長する大切な時期です。絵本はことばを知るのはもちろん、心を育むためにも重要な役割を果たしてくれます。3歳を過ぎると絵本のストーリーが少しずつ理解できるようになり、登場人物の気持ちに共感することで、笑ったり、嬉しくなったり、悲しくなったり、頑張ろうと思えたり、色んな気持ちを知る機会になります。絵本を通して、色んなことばや気持ちに触れてみましょう。

2019年11月1日 【3歳】3歳のお誕生日おめでとうございます!

今月はお子さんの3歳のお誕生日ですね。今までの子育てを振り返ってみると、長いような短いような思い出いっぱいの3年間だったのではないでしょうか。この3年間でお子さんは色んなことが出来るようになりましたね。
お子さんの成長を家族で振り返り、楽しい時間を過ごしてくださいね。

2019年11月1日 【2歳11か月】好き嫌いが出てきます

この頃は、食べ方、好み、食べる時間など食事スタイルが定着してきます。「嫌いなものは食べないから食卓に出さない」のではなく、嫌いという気持ちを受け止めつつ、少しでも食べることができたら、たくさん褒めましょう。家族がおいしそうに食べているのを見たり、友達と一緒に食べたり、食べ物を栽培して収穫したり、料理の盛り付けを手伝ったりなどの経験を重ねると、食への興味につながり、食べようとするきっかけになります。

2019年11月1日 【2歳10か月】体を使って遊ぼう

走ったり、ジャンプしたり、階段を降りたりできるようになる頃です。この時期に積極的に体を動かす機会を作ることで、筋肉や関節の動きが良くなり、バランスの取り方が上手になってきます。外で走る、ボールを投げるなど体を使った遊びを取り入れてみましょう。三輪車を漕いだり、左右で違った動きも少しずつ出来るようになります。

2019年11月1日 【2歳9か月】道具を使ってみよう

手先が器用になってくる頃なので、大人がお手本を示したり、手を添えたりしながら、道具の持ち方や使い方を教えていきましょう。粘土をおもちゃの包丁で切ったり、簡単なものから始めましょう。手先をうまく動かせない場合は、まずはつまむ、ひねるなどの遊びを通して、細かい運動感覚を養っていきましょう。ブロックやパズルなどの小さなおもちゃを扱うと、操作性が高まっていきます。

2019年11月1日 【2歳8か月】一人でお着換えの第一歩

前後や左右、表裏の理解ができる工夫をしてみましょう。最初は難しいですが、ズボンやパンツ等は、前面にマークを付けたりすることで、わかりやすくなります。大人は子どもの後ろから手を回して、子どもと同じ向きで行うと、操作の仕方が分かりやすくなります。ボタンは大きめにして、縫い付け部分が少し浮いているものが穴に通しやすいです。ファスナーは、始めに留め具をかける部分を手伝うと、一人で閉めやすいです。

2019年11月1日 【2歳7か月】「危ない」が分かる

子どもは生活上の経験が未熟で、危険がどういうことなのか、なぜいけないのか、イメージがつかめず、理解できない場合があります。見て分かる絵やマークを使って、立ち入り禁止の場所を示したり、繰り返ししてはいけない行動を伝えたりすることで危険を予防していきましょう。危険な行動をしてしまった時には、「痛かったね、危なかったね」など、その都度声をかけ、危険が意識づくようにしましょう。

2019年11月1日 【2歳6か月】お友だちと遊ぶ機会をもちましょう

お友だちと一緒に遊びたいという気持ちが高まり、お友だちと同じ遊びをするようになる頃です。お友だちと遊ぶ機会をつくってあげましょう。人見知りや場所見知りで、集団の中で思うように遊べない時は、無理に入れようとせずに、まずは同じ空間で過ごすことから始めましょう。少しずつお友だちの遊ぶ姿に興味が出てきたら、大人が一緒に遊びに入ってあげましょう。

2019年11月1日 【2歳5か月】おむつ外しのタイミング

トイレトレーニングの開始は年齢で決めず、子どもの出来ること・出来たことを考えながら進めていきましょう。練習の開始は、一人で歩ける、おしっこの間隔が2時間以上あくことが多くなる、ことばや指さしで自分の意思が伝えられるようになり、「おしっこ」「うんち」「トイレ」の意味が分かるようになることを目安にしてください。子どもの気持ちにあわせて、あせらず、ゆっくりと。「ほめる」ことがポイントです。

2019年11月1日 【2歳4か月】「これなぁに?」「なんで?」

色々なことに興味を持ち始め、「これなぁに?」「なんで?」とたくさんの質問をするようになってきます。子どもは尋ねることで、ことばの世界や知識を広げていきますので、子どもの「なぁに?」には出来るだけ丁寧に答えましょう。「ケーキだよ」とだけ返すのではなく、「甘くて美味しいね。ケーキっていうんだよ」と言葉を足すと、そこから新しい「なぁに?」「なんで?」につながっていきます。

2019年11月1日 【2歳3か月】人見知りが心配なときは

人見知りをしている子どもに対して、無理に他の子どもや家族以外の人と触れ合う機会を持たせようとしたり、集団のなかに入れようとする必要はありません。まずは、子どもの不安な気持ちを受け止めましょう。他の子どもと触れ合ったり、集団に入るときには、大人がそばに付いて、安心できる環境であることを少しずつ伝えていきましょう。

2019年11月1日 【2歳2か月】指先を使って遊ぼう

この頃から、指先を使った細かい動きが徐々にできるようになります。日常生活では、つまむ、ちぎる、まわす、ねじる、ひねるなどの動作が必要です。遊びにシール貼りやちぎり絵、新聞ビリビリ、瓶の蓋の開閉などを取り入れてみましょう。手先を使ったり、身体を使ったり色々な遊びが子どもの学びにつながります。

2019年11月1日 【2歳1か月】お着がえ上手になってきたかな?

一人で着るようになるには、まずは、「自分で着た!」という達成感をもつような声かけや言葉がけを心掛けましょう。子どもはまだ前後や裏表の認識は苦手です。おうちの人が手本を見せつつ、紙パンツやズボンを引き上げる時は少しサポートすると子どもが着替えやすくなりますよ。脱いだ後は、畳んだり片付けたりしてみましょう。上手にできるようになれば、自分で靴下をはいたり、少しずつ自分で出来ることを増やしていきましょう。

2019年11月1日 【2歳】2歳のお誕生日おめでとうございます。

今月はお子さんのお誕生日ですね。この2年間、お子さんと共に喜んだり、時には怒ったり泣いたり、本当にいろんなことがありましたね。お子さんの心も体もたくましく成長されたのではないかと思います。ママやパパの愛情をたっぷり受けて育つお子さんの心はとても豊かです。育児で心配なこと、困った時には、すこやかセンターへ連絡してください。お誕生日おめでてとうございます。

2019年11月1日 【1歳11か月】お友達に手が出てしまう時は

この頃は、お友達と一緒にいても、それぞれが自分の好きな遊びをします。その中で他の子に手が出てしまうことがあるかもしれません。その場合は、まずは大人が間に入り、相手に謝ってから、手を出してはいけないことを伝えましょう。また、「○○したかったんだね」と、子どもの気持ちに寄り添い、「かしてって言おうね」とどうすれば(言えば)良いかを教えましょう。上手にやり取りできたときは、その場でしっかりほめましょう。

2019年11月1日 【1歳10か月】絵本で遊びましょう

この時期は興味や集中力も少しずつついてくるので、子どもと一緒に絵本を見てみましょう。好きなものを探したり、気になる次のページを早くめくりたがることもあります。1つのページが読み終わる前にページをめくっても構いません。読み聞かせに対して、指をさしたり、声を出したりしたら、大人が反応してあげましょう。食べ物や動物など、ものの名前がわかるような絵本を楽しむのも良いでしょう。

2019年11月1日 【1歳9か月】イヤイヤ期を乗り越えよう

この頃は「~したい・ほしい」という思いが強まり、応じてもらえないとひっくり返ったり、大人の言うことに「イヤ」と抵抗したり、何をしても納まらないことがほとんどです。大人がイライラして対応しても、余計にイヤイヤが増してしまうので、落ち着くまで待ってみましょう。また「そう、イヤなのね」と寄り添うのも良いでしょう。イヤイヤ期はことばで自分の気持ちを表現できたり、自分で出来ることが増えると納まってきます。

2019年11月1日 【1歳7か月】お着替えに挑戦

なんでも「自分でやる」という気持ちがでる頃で、着替えにも興味を持ち始めます。時間はかかるし、初めからうまくいくことはありません。しかし、自分で上手にやりたいという気持ちに共感し、服に頭を通す、パンツに足を通す、靴下をひっぱりあげるなど、できるところからやらせてあげましょう。少しでも出来たらほめましょう。「自分でできた」と自信がつき、次のやる気につながります。

2019年11月1日 【1歳6か月】子どもが食事に集中できる環境

テーブルを胸のやや下につく高さにし、両肘がテーブル面にしっかりとつくように調整すると、手を動かしやすく、集中して食べられます。また、椅子に座った時に両足の裏が床や足置きにつくと、体が安定します。足裏がしっかりつくように、折りたたんだタオルや薄いクッションなどを用いて椅子にかける深さを調節しましょう。他に興味を持つおもちゃは片付け、事故防止の為に、食事中は子どもから目を離さないように注意しましょう。

2019年11月1日 【1歳5か月】お片づけできるかな?

色んなおもちゃに興味が出てきて、部屋中におもちゃが散らばっているなんてことありませんか?物を入れたり出したりすることが楽しい時期ですので、物を入れることを楽しむ気持ちをお片づけに利用してみましょう!おもちゃを片付ける箱を決めておいて、毎回おもちゃはその箱に片付けるという習慣をつけると良いですね。箱は入れやすい大きめのもので、きちんとお片づけできたら「上手にできたね」と忘れずに褒めましょう。

2019年11月1日 【1歳4か月】地域のサロンにでかけてみよう

色々なものに対して興味や好奇心が出てきます。地域の児童館や会館では、子どもと一緒に参加できるサロン等が開催されていますので、ぜひ参加してみましょう。まだお友達と遊ぶことは難しく、泣いたり、お母さんにべったりな子もいるかもしれませんが、同じ年ごろの子どもが遊ぶ姿をみたり、みんなが遊んでいる空間を共有するだけでも十分です。お友達との遊びの第一歩を踏み出してみましょう。

2019年11月1日 【1歳3か月】手先を使って遊んでみよう

だんだん手づかみ食べが上手になるなど、次第に手先の細かい動きが上手になってくる頃です。例えば親指と人さし指で小さいものをつまみ、積み木を積む、という動作や色鉛筆やクレヨンを持たせると紙にぐるぐると描くという動作などです。最初は難しくてできないことも毎日コツコツ練習することで上手になります。手先を使う遊びを取り入れてみましょう。

2019年11月1日 【1歳2か月】視線の先には何がある?

ことばの発達を促すために大切なことは、子どもが興味をもっていることに大人が共感し、一緒に見る、触れる、味わうことです。大人が選んだものの名前を教えるより、子どもが注目しているものにことばを添えるほうが、ことばへの関心をひきます。子どもの視線の先や、指をさしている先を見てみましょう。その先にあるものについてことばをかけることで、自分が注目しているものの名前や形容詞を知るきっかけになります。

2019年11月1日 【1歳1か月】家族みんなでごあいさつ

あいさつは大人の姿を真似ることでできるようになります。朝起きた時に「おはよう」、食事の時には「いただきます」「ごちそうさま」、寝る前には「おやすみなさい」、おもちゃを貸してもらった時には「ありがとう」。言葉が出なくても、意味を知ることが大切です。時間や場所、状況に応じた挨拶をお子さんと一緒にしてみましょう。

2019年11月1日 【1歳】1歳のお誕生日おめでとうございます!

今月はお子さんのお誕生日ですね。そして、お母さん、お父さんにとっても1歳のお誕生日です。お誕生日のお祝いはされましたか?お子さんが生まれてから今まで長かったような、あっという間だったような。ここで、これまでの一年間をぜひ振り返ってみてください。楽しかったこと、大変だったことなど家族で共有してみましょう。日々の様子や出来事を記録に残しても良いですね。

2019年11月1日 【11か月】つかまり立ち・伝い歩きのための環境づくり

つかまり立ち、伝い歩きができるようになるには、おうちの環境づくりが重要です。部屋に赤ちゃんの手が届くような低いテーブルやいすを置き、つかまり立ちが出来るようにしましょう。最初は脇や腰を支えてあげるとコツがつかみやすくなります。またテーブルやいすの角にクッション材を付けるなど、転倒の事故予防をすることも重要です。安全に立ったり、移動できる環境をつくりましょう。

2019年11月1日 【10か月】やってみよう、まねっこ遊び

この頃の赤ちゃんは、人への興味が高まり、目で見た動作を自分で再現することができるようになります。一緒に過ごしている家族の姿をよく見ているので、家族が「バイバイ」や「はい、どうぞ」など身振りを繰り返すと次第にまねっこできるようになります。また、遊びの中で赤ちゃんが声を出したらまねっこして返しましょう。言葉の獲得もまねっこから始まります。親子のコミュニケーションを楽しみながら、たくさん遊びましょう。

2019年11月1日 【9か月】カミカミ期の離乳食

そろそろ栄養の中心が離乳食になるので、様子を見て離乳食は1日3回にしていきましょう。赤ちゃんがカミカミできるようバナナくらいのかたさが目安で、赤身肉など使える食材が増えてきます。赤ちゃんが、カミカミしていなければ、大人がカミカミしている口元を見せてあげて、カミカミの練習をしましょう。離乳食後や食間に授乳は行いますが、離乳食を食べる量を増やしていき、授乳の回数は徐々に減らしていきましょう。

2019年11月1日 【8か月】人見知りは成長のあかし

ふだん世話をしてくれる人や見慣れた人と、そうでない人の区別がつくようになります。身近な大人が抱けば泣き止むのに、他の人では大泣きするということも出てきます。人見知りは、知らない人と特別な人との区別がついた証で、大きな心の成長です。「慣れさせなければ」と無理に他の人に抱かせることはありません。その子が好きなもの興味があるものを介して関わるのもいいでしょう。

2019年11月1日 【7か月】モグモグ期の離乳食

離乳食に慣れてきたら、1日2回食にしましょう。固さは絹ごし豆腐くらいを目安にすると、舌でつぶして食べる練習ができます。モグモグして飲み込むのを待ってから、次のひとさじをあげましょう。離乳食の後には、母乳やミルクを赤ちゃんが欲しがるだけ与えましょう。

2019年11月1日 【6か月】環境を見直してみよう!

うつ伏せをしたり、寝返りをしたりすることは、運動発達を促すための良い経験になります。しかし、赤ちゃんが自分で動けるようになってくると、生活環境に注意が必要です。一度環境を見直してみましょう。
ゴロンと寝返りした先に、やわらかいクッション等、顔が埋もれてしまうようなものはないですか?思いがけない事故につながる可能性がありますので、子どもが寝ているところだけでなく、その周りの環境にも注意しましょう。

2019年11月1日 【5か月】ゴックン期の離乳食

1日1回時間を決めて、トロトロ状の米粥を小さじ一杯から始めましょう。慣れてきたら野菜、豆腐、白身魚の順に進めていきます。食材は加熱して使用し、初めての食材は、体調の変化に注意し、念のため診療可能な時間帯に与えましょう。離乳食を始めて1か月程は、スプーンに慣れることが大切ですので、焦らずに進めていきましょう。また、蜂蜜や黒砂糖は、乳児ボツリヌス症を避ける為に、1歳未満では避けましょう。

2019年11月1日 【4か月】生活リズムをつくっていきましょう

日中起きている時間が増え、夜に比較的よく寝てくれるようになります。そろそろ生活リズムを整える時期です。まずは朝、決まった時刻に起こすことから始めましょう。太陽や照明で部屋を明るくし、自然な目覚めを促しましょう。目が覚めたら、顔を拭いたり、服を着替えたりする習慣をつけていきましょう。夜に寝かしつける時は、照明を落とし、静かな環境を整え、早めのねんねを心がけましょう。

2019年11月1日 【3か月】うつぶせの練習をしましょう

運動面の発達を促すため、首すわりや寝返り、ハイハイなどいろいろな体の動きに必要な筋肉を鍛えられるうつぶせの練習をしてみましょう。赤ちゃんの体調や機嫌を見ながら、一日数回してみましょう。窒息の恐れがある柔らかい布団や毛布の上では避けましょう。うつぶせをしている間は、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

2019年11月1日 【2か月】お外の空気を感じてみましょう

生後1か月くらいまでは、昼夜に関係なく眠ったり起きたりの繰り返しですが、2か月に入ると、少しずつ起きている時間が長くなってきます。カーテンを開けて日射しを感じたり、窓を開けて新鮮な空気を入れてみましょう。数分でも良いので、赤ちゃんを抱いて外に出るなど、外気に慣らしていきましょう。

2019年11月1日 【1か月】赤ちゃんのいる生活はどうですか?

この時期の赤ちゃんは、泣いて、おっぱい・ミルクを飲んで、寝た!と思ったら、また泣いて…の繰り返し。昼夜の区別もないので、お母さんは寝不足になりがちです。そして、お母さんの身体はまだ回復していないので、とってもとってもしんどいですね。無理せず、周りの人に相談したり、助けてもらい、できるだけ横になって休みましょう。

2019年8月14日 子育てタウンからの通知です。タップしてね

守山市子育てタウンアプリをダウンロードしていただき、ありがとうございます。
これから1か月児~3歳6か月児のお子さんがいる方へのワンポイントアドバイスを随時この通知で配信します。
第1回目の通知は本日配信しますので、ぜひチェックしてください。

2019年6月27日 ママフレから

子育て情報サイト「ママフレ」のアプリをオープンしました。
ママフレでは、守山市の子育てに関する行政サービスを分かりやすく紹介しています。
知っておくと便利な行政サービスや、子育ての情報集めに、「ママフレ」をぜひご活用くださいね。
スマートフォンからも同じURLでご覧になれます。
まずはどんな行政サービスが使えるのかを「子育てガイド」で見てみよう!

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく