わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

幼児教育・保育の無償化

[概要]

令和元年10月より、幼児教育・保育の重要性や子育てにかかる費用負担の軽減を図る少子化対策の観点などから、全国的な取組として「幼児教育・保育の無償化」による保育料等を無償とする制度が始まりました。
無償化の対象となるのは、「教育・保育給付認定」または「施設等利用給付認定」を受けたお子さんが、対象となる施設や事業を利用する場合です。

<無償化の対象となるお子さん>
・3歳から5歳のお子さん
・0歳から2歳のお子さん(ただし、住民税非課税世帯に限る)

<無償化の対象となる施設・事業>
・保育園
・認定こども園
・地域型保育(小規模保育・家庭的保育・事業所内保育・居宅訪問型保育)
・企業主導型保育
・新制度未移行幼稚園(※)
・国立大学附属幼稚園
・特別支援学校幼稚部
・障害児の入所・通園施設
・認可外保育施設
・預かり保育
・一時預かり
・病児・病後児保育
・ファミリーサポートセンター

※新制度とは平成27年度から始まった「子ども・子育て支援制度」のことです。

お子さんが在籍している園や状況によって、無償化の対象となる施設や事業が異なりますので、詳しくは市のホームページをご覧ください。

[手続きなど詳しくは]

「幼児教育・保育無償化(守山市サイト)」をご覧ください。

幼児教育・保育無償化(守山市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく